スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「農水相ゴルフ」報道 政治部長ら4人処分 TBS(産経新聞)

 TBSが5月20日、裏付け取材が不十分なまま、当時の赤松広隆農林水産相について「口蹄疫発生後の外遊中にゴルフをしていたと複数の民主党幹部が証言した」と報じた問題で、同局の政治部長ら4人を懲戒処分としていたことが4日、分かった。処分はいずれも2日付。

 当日の政治部デスクと同部の与党担当キャップが給与日額の半額を減俸、政治部長とニュース時間帯の編集長だった編集部部次長を譴責(けんせき)処分とした。このニュースは、5月20日未明のTBSのCS放送「TBSニュースバード」や、午前の地上波「みのもんたの朝ズバッ!」内で報じたが、赤松農水相は全面否定した。

<菅首相会見>その3「自信を持って日本の改革を押し進める」(毎日新聞)
菅内閣 消費者担当は荒井氏、少子化担当は玄葉氏が兼務(毎日新聞)
<民主代表選>重要法案成立困難に、「郵政」は廃案か(毎日新聞)
顔の障害等級で男女差は「違憲」…広がる波紋(読売新聞)
<投資ファンド>悪質横行…証券監視委の検査追いつかず(毎日新聞)
スポンサーサイト

「産ませたら不幸になる」 容疑の医師が供述 不同意堕胎事件(産経新聞)

 交際女性の同意を得ずに子宮収縮剤を投与して流産させた事件で、不同意堕胎容疑で逮捕された東京慈恵会医科大学付属病院(東京都港区)の小林達之助容疑者(36)が警視庁捜査1課の調べに対し、「産ませたら(女性と子供が)不幸になると思った」と供述していることが27日、捜査関係者への取材で分かった。

 小林容疑者は女性から妊娠を知らされた時点で現在の妻との結婚が迫っており、捜査1課は小林容疑者の供述は犯行動機に当たるとみて、さらに詳しく調べる。

 捜査関係者によると、小林容疑者は妊娠を知らされた翌日の平成20年12月31日と21年1月1日、同病院から収縮剤の錠剤などを不正入手した。

 さらに、錠剤などを女性に渡した後に同病院から収縮剤の点滴薬を不正に持ち出し、実家の内科医院から持ち出した点滴バッグに注入して、1月中旬に女性に投与、女性の自宅トイレで流産させたという。

 小林容疑者は女性が流産した後も、妻と結婚していることを隠したまま女性に結婚する意思を示し、交際を続けていた。

【関連記事】
不同意堕胎 勤務先から点滴薬を不正入手
勤務先から別の薬品入手 不同意堕胎事件で警視庁が慈恵医大を捜索 
“不同意堕胎”イケメン医師、妊娠知った数日後に結婚してた
妊娠→薬→堕胎 結婚控えたイケメン医師 焦燥と暴発の果てに…
妊娠知った翌日 別の患者名で錠剤不正入手

小沢氏との関係…首相「時折、連絡はとっている」(読売新聞)
司法協会など検証へ=公益法人仕分け最終日―刷新会議(時事通信)
<近畿農政局>360万円横領容疑…前係長を懲戒免(毎日新聞)
両陛下、湿生花園をご訪問(産経新聞)
<ニホンザル>北限ですくすく 下北半島(毎日新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。